日常をきままにカメラ撮影するブログ

日常をきままにカメラ撮影するブログ

福岡や読書・ホテル・お仕事が好きです。canon6Dmark2で写し、被写体の魅力を発信していきます^ ^

西野 亮廣 著 「革命のファンファーレ」レビュー

西野 亮廣 「革命のファンファーレ」を読んで

f:id:Jinichi:20190304135700j:plain

今回は吉本興業の芸人でお笑いコンビキングコング「西野 亮廣(にしの あきひろ)」さんが書いた「革命のファンファーレ・現代のお金と広告」をレビューします。

現在17万部を突破したベストセラーともなったビジネス書です。

西野さんと言えば、相方の梶原さんとともにネットでは、あまりいい評判を聞きませんでした。

私のイメージとしては、フジテレビの「はねるのトびら」が終了後、あまり見かける機会がなくなり、ネットでしょっちゅう炎上しては、アンチとバトルを繰り広げている感じがしました。

お騒がせな感じはホリエモン堀江貴文氏)とそっくりな気がします(笑)

そのホリエモンとタッグを組んで書いた、共著「バカとつき合うな」を読んで興味がわき、今回の本を読んでみました。

西野亮廣とは

西野 亮廣(にしの あきひろ)

1980年7月3日(38歳)

出身:兵庫県川西市

職業:お笑い芸人・タレント・絵本作家

Twitter

twitter.com

お笑い芸人と言えばある程度売れてくると、俳優やら映画監督やら別ジャンルの世界にも進出しています。

西野さんの絵本もそういった活動のひとつかなと思っていました。

「革命のファンファーレ」ではその絵本えんとつ町のプペルの製作過程についても詳しく書かれています。

えんとつ町のプペル

製作に4年半費やし確実に大ヒットさせるため、あらゆる仕掛けが用意されています。

西野さんってこれだけの計算が出来る人だったとは・・・完全にイメージが変わりました。

その仕掛けに関しても、西野さんはこの本で惜しげもなく披露しています。

ちなみにこのえんとつ町のプペルはネットで無料公開されています。

r25.jp

大人でも楽しめる絵本とのことで、私もすごく楽しく読むこと出来ました。

こんなの無料で読めてほんとに良かったの・・・?

って、こう思わせることが「西野マジック」のひとつなんでしょうね。

実際2,000円もするこの絵本を無料公開することは、西野さんにとってもかなり思い切ったことだったようです。

えんとつ町のプペルは西野さんがひとりで書いたものではなく、多くのスタッフとの分業で、無料公開後に売れなくなれば、そのスタッフたちを養えないため、公開後足が震えていたそうです。

絵本ってひとりで創るイメージがありますが、西野さんはまずそう言った常識から疑い、初めの創り方から変えたようです。

資金もクラウドファンディングで支援を募っています。

このクラウドファンディング、有名人と言うだけで支援が集まるわけではなく、その人に対する「信用」がないとダメみたいですね。

ようはその「信用」を集めるために、上記のように「えんとつ町のプペル」を無料公開するような活動を、西野さんは普段から行っています。

「こんな素晴らしい絵本を無料で見せてくれたんだから、次回西野がなんかやる時は応援してやるぜっ!」ってこんな風に思う人が続出するんでしょうね(私もちょっとそう思わされました笑)

そうやって信用を貯めて、クラウドファンディングなどでお金にかえています。

のべ1億円を越える金額を集めているのだからもの凄い!

プロの絵本作家に勝つために

 絵本を書くと言っても、西野さん自身は学生時代など絵を専攻していた訳ではなく、タモリさんから言われて書き始めたようです。

www.youtube.com

この動画の5分くらいから絵に関して語っていますが、めちゃ面白い(笑)

でもプロの絵本作家に素人が勝つってホントに難しいですよね。

ここで西野さんは自分が専業ではなく、兼業であることのメリットを活かしてます。

とにかく時間をかけることです。

専業だと絵を出して売らないと収入が見込めないから時間制限がある。

兼業だと収入を確保しながら、絵本が創れるので、制限が取っ払われると・・・

1万部売れればヒット言われる絵本で、えんとつ町のプペル32万部を越えています。

堀江さんも言っていますが、今はひとつの仕事でずっと生きていけるような時代ではないのかもしれないですね。

色々な肩書きを持ちながら、縦横無尽に世の中を行き来する。

そんな多動力を発揮する人が、これから勝ち残っていきそうです。

 セカンドクリエータ

西野さんは自分の作品や製作過程を徹底的に公開することで、自分の実力を見てもらい、そこで共感を得た周りの人間が宣伝をしてくれる。

自分の時間は1日24時間しかないが、周りが宣伝活動をしてくれることで、24時間が50時間にもなり100時間にもなると・・・

これはこの本のサブタイトルのひとつでもある「広告」の話ですね。

普段の仕事でもそうですね。

自分ひとりで出来ることはたかが知れていますが、周りの人に上手に助けてもらえれば(協力してもらえれば)、成果は何倍にも上がります。

今はSNSでもの凄い人の数に情報を拡散出来ますから。

もう国民一人ひとりが発信出来る総クリエーター時代で、その人たちを「セカンドクリエーター」と呼び、同じ作り手として協力してもらっています。

オンラインサロンも国内最大

salon.otogimachi.jp

現在1万8000人を突破しており、ホリエモン堀江貴文イノベーション大学校」を抜いてトップに立ったようです。

 めちゃくちゃ勢いがありますね。

フェイスブックで西野さんと直接やり取りが出来たり、毎朝エンタメやビジネスの記事が読めます。

サロン内限定イベントでは西野さんと直接触れ合える(動物じゃないですよ笑)機会があったりと、双方向なコミュニケーションを行う事が出来ます。

月額1,000円と言うのも、敷居を低くし参加しやすいようです。 

まとめ

西野さんはえんとつ町のプペル著作権をフリーにしたり、「革命のファンファーレ」もインスタグラムに自由に上げてOKと、これまでの常識を打ち破ってきています。

全てはさらにその先、消費者に価値あるものだと、しっかり判断してもらってから購入してもらう。

そしてその心意気も評価してもらい、信用を貯めて、次回の作品のための準備を行っているようです。

サブタイトルの「お金と広告」に関しては、あまり着目しなかったのですが、あらためてこの本で勉強し、楽しく読むことが出来ました。

お金との新しい付き合い方がこれから出来そうです。

何よりも西野さんに対するイメージがガラッと変わったことが、大きな収穫でした。

これほど真剣にビジネスをし、先の先まで読んで仕掛けをほどこし、導線を貼る。

芸人だけあって喋りが上手いだけではなく、頭も切れるとなると、これから注目をしていきたい方だと強く感じました。

 

 

ゆうこす(菅本裕子)著「SNSで夢を叶える」レビュー

ゆうこす著「SNSで夢を叶える」を読んでみました。

f:id:Jinichi:20190303005120j:plain

今回は、「モテクリエーター」”ゆうこす”こと菅本裕子(すがもとゆうこ)さんが書いたSNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方」をレビューしたいと思います。

ゆうこすと言えば福岡出身で、秋元康がプロデュースするアイドルグループHKT48のメンバーでした。

明るく笑顔がかわいい印象の方ですね。

私はYoutubeの動画で見かけたことがきっかけで、この本も読んでみたいと思いました。

菅本裕子とは

菅本 裕子(すがもと ゆうこ)

1994年5月20日生まれ(24歳)

出身:福岡県北九州市

職業:タレント・モデル・YouTuber

活動のベースはSNSツイッターインスタグラムYoutubeブログLINELIVEを中心に日々発信しています。

HKT48を脱退した後は専門学校に行き、卒業後ニート生活をしていたそうですが、2015年ミスiDで準グランプリを受賞します。

その後、SNSで好きなことだけを発信し自己プロデュースを続けて、今ではSNS全てを合わせた総フォロワー数は76万人を越えています。

 モテクリエーターって?

具体的には女の子の「モテたい」と言う気持ちを肯定し、応援し、背中を押してくれる仕事のようです。

ようですって(笑)だってこんな職業と言うか、「モテクリエーター」なんて言葉、今までなかったですからね。

女性アイドルオーディションの「ミスiD」に参加した時に、自分らしさについて自己分析をしたところ、自身の原点は「モテたい」と言うことに気づき、以降人目をはばかることなく堂々とぶりっ子し、「モテたい」と発信しています。

たぶんみんな心の中でそう思っていても、これだけ多くの人を前に、ゆうこすみたいな若い子がSNSで発信するのは、個人的に本当に凄いと思います。

一見誰もが出来そうで出来ないことをし、自分の強みに変えて、好きなこととアイデンティティを一致させたゆうこすは「モテクリエーター」となりました。

肩書きを自分で作っちゃったんですよね

 モテの定義って

ゆうこすの中ではモテの定義は男性にチヤホヤされることではなく、男女関係なく「みんなに愛されること」のようです。

最初SNSのフォロワーは圧倒的に男性が多かったようですが、女性が共感してくれるようなつぶやきやモテ情報を発信しているうちに、男女のファン比率は同じくらいになっています。

ちなみに私が興味を持ったきっかけはこの動画です。

www.youtube.com

まあカメラなんですけどね(笑)

これを見て私もCanonM100を購入したと同時に、ゆうこすの事が好きになりました。

説明も上手ですし、明るくポジティブなゆうこす見てると、こっちも元気になってきます。

今の時代はテレビや企業に頼らずに、SNSを通して個人で色々なことが発信出来る時代になりました。

 私もこの波に乗って、自分の伝えたいことを発信するために、SNSで夢を叶えたこの本を読んで発信力の育て方を見つめ直したいと思います。

 現代のSNSは・・・

SNSの代表的なものはツイッター・インスタグラム・YouTube・ブログですね。

この本ではSNSの有効的な使い方についてもレクチャーしてくれます。

Twitterツイッター

twitter.com

文字がメインのSNS

ツイッターは共感のメディアとのこと。

最初はアンチだらけだったみたいですが、ポジティブなツイートを続けてフォロワーを獲得していったようです。

140文字制限の中で相手に伝えることをすごく意識されているようです。

ツイッターにはリツイート機能があり、拡散力が抜群です。

リツイートは誰かが自分のツイートを再ツイートして、その人のフォロワーのタイムラインにも表示されるので、たくさんの人が見てくれます。

私も誰かがリツイートしてくれると「いいね」がいつもの倍以上つきますからね。

エモいつぶやきも効果抜群みたいです。

エモいって心に響く、本音がもれたつぶやきです。

とにかく短い文章でいかに切れ味あるツイートが出来るかも重要のようです。

②Istagram(インスタグラム)

www.instagram.com

写真がメインのSNS。私も大好きです。若い女性に人気です。

ゆうこすは自己プロデュースに一番むいてるSNSとしています。

私も同感です。個人的なことですが先日、私もフォロワーが1,000人を越えました。

いずれ名刺代わりにしようと、日々せっせと更新しています。

インスタの「#(ハッシュタグ)」は10~20代の女性の間ではググるよりも、オシャレな情報を検索が出来ます。

ただあくまで写真がメインなので、文章をどのくらいの長さにするがベストなのか、今まで考えていましたが、ゆうこすは目いっぱい書いていますね。

自分だけの雑誌をつくる感覚で発信しているようです。(なるほどなるほど)

ゆうこすのフォロワーは40万人越え!すさまじい・・・

YouTube(ユーチューブ)

www.youtube.com

動画を投稿するメディア。小・中学生に人気ですね。

その人の魅力が一番伝わりやすいSNSではないでしょうか。

今では「YouTuber(ユーチューバー)」も完全に認められてますよね。

ゆうこすは動画編集をし出して、クリエーターっぽいことをしていると思い、そこから「モテクリエーター」と名乗りだしたようです。

④ブログ 

yukosblog.com

言わずと知れたこれですよ、これ。

一番長文で思いを発信することが出来るSNSです。

ゆうこすは上の3つのSNSでは、自分の発信力を高めるために「自分のファンだけに発信してはダメ」と言っていますね。

内輪ネタや私信だと周りが置いてけぼりになるから。

でも唯一ブログだけはコアにディープにファンに向けて書いています。

でもそうですねよね、ブログまで見に来て下さる方って本当にありがたいです。

私も身内以外に、これほど深く掘り下げて発信することは今までなく、読んでくださる方がいることに感謝、感謝です。

まとめ

その他にもフェイスブックやLINEなど、現代をとりまくSNS環境は多岐に渡ります。

どれを選ぶかはその人次第ではないでしょうか。

ゆうこすはアイドルを辞めた後、しばらくは不遇の時代を送っていたようですね。

ニートで家にひきこもり、SNSでも叩かれる毎日。

その時にSNSが自分を救ってくれたようです。

SNSで好きなこと(モテること)を発信し続け、ついに好きなことを仕事にしたこと。

SNSの無限の可能性を感じさせてくる人です。

使い方次第でその人を幸福にしてくれるものではないでしょうか。

私も好きなことを仕事にする。その夢を叶えるために、これからも参考にしていきたい人だと感じました。

 

 

 

武雄神社 樹齢3000年の大楠がそびえ立っています。

武雄神社へ

前回訪れた武雄市図書館の目の前には「武雄神社(たけおじんじゃ)」があります。武雄市御船山(みふねやま)にある、735年に創建された市内で最も古い神社です。この神社にはご神木として、樹齢3000年「武雄の大楠」が神社の最奥に、どっしりと構えています。

実は私はこの場所を全然知らなくて図書館に行ったあと、さあ帰ろうと思ったらちょっとした高台に神社がなんとな~く見えたので、ふらふら~と惹かれるように歩いて行ったら、想像以上に雰囲気溢れる、おごそかな神社でした^ ^

f:id:Jinichi:20190301074822j:plain

武雄市図書館の道路をはさんだ、向こう側に武雄神社があります。

石垣がどうどうと出迎えてくれます。何か強そうですね^ ^

高台にあることと言い、これからお城に向かうような感覚です。

f:id:Jinichi:20190301075225j:plain

一つ目の鳥居。

f:id:Jinichi:20190301075339j:plain

二つ目の鳥居をくぐると境内を見ることが出来ます。

城郭のような感じですね。

f:id:Jinichi:20190301075704j:plain

白を基調としたおしゃれさを感じる社殿。

武雄神社は武内宿禰(たけうちのすくね)」主祭神として、「武雄心命(たけおこころのみこと)」仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)」神功皇后(じんぐうこうごう)」応神天皇(おうじんてんのう)」と、全部で五祭神あります。

武内宿禰は長寿の神様であり、武運長久・開運・厄除けのご利益があり、

まさにパワースポットな神社なんです。

神社からは武雄市の景色も楽しむことが出来ます。

階段を登った先の境内からは武雄市の景色が一望出来ます♪

f:id:Jinichi:20190301081552j:plain

f:id:Jinichi:20190301081634j:plain

 右手側に見えるのが武雄市図書館です。

駐車場も広々としています。

ここに止めて、ゆっくりとプチ観光を楽しむことが出来そうです。

境内の中には

f:id:Jinichi:20190301082019j:plain

 塩釜神社「城山稲荷神社」

「塩釜さん」と言われ、国土鎮護、商売繁盛、航海安全、安産、延命の神として一般の信仰が厚いとのことです。

城山稲荷神社安政5年、1858年のものらしいですね。

f:id:Jinichi:20190301085024j:plain

「 一ノ手水舎」

お参りする前にはここで清めてからにしましょう。

かっこいい龍だなあと近くで良く見ると、以外に愛嬌ある顔しています^ ^

f:id:Jinichi:20190301085332j:plain

本殿は昭和39年1月20日の火災により、

昭和45年12月に鉄筋コンクリートで再建されています。

f:id:Jinichi:20190301085730j:plain

左手の鳥居の先には、いよいよ樹齢3000年の「武雄の大楠」が立つ道が続きます。

武雄の大楠へ 

f:id:Jinichi:20190301090005j:plain

これから別世界へ誘われるような小道が用意されています。

f:id:Jinichi:20190301090155j:plain

先に進むと周りは竹やぶに囲まれています。

御船山の奥深い神域にたどり着くと、そこには・・・・

f:id:Jinichi:20190301091434j:plain

 Canon6Dのフルサイズでも収まらないくらいの大木が立っています。

間近で見ると圧倒されるのは、大楠の迫力と、

それに加えて周りの神々しい雰囲気です。

 根元まわりは26m、高さ27m、根元の空洞の広さは12畳とのことです。

大きな洞(ほら)には天神様も祭られています。

f:id:Jinichi:20190301091509j:plain

 カメラでは表現しきれないほどの巨大さと異世界感。

私も周りで観光されている人たちも、ひらすら魅入るばかり。

見えないパワーが与えられているかのようにも感じられます。

全国の巨木第7位にもランキングされており、武雄市の天然記念物にも指定されています。本当にすごかったです!

まとめ

f:id:Jinichi:20190301095457j:plain

今回の佐賀県武雄市のメインは「武雄市図書館」でしたが、

予定になかったこの「武雄神社」と「武雄の大楠」は負けないくらい、

見ごたえのある撮影スポットでした。

 これだから遠出して、知らない土地を訪れるのは面白いですね。

予想外の発見があります。

武雄神社には他にも「夫婦檜」があり、こちらは恋愛成就や人の縁を取り持ってくれるようです。

あとで調べて見つけたので、今回は写真を撮ることが出来ずに残念でした。

まだまだ奥が深い、神秘的な神社ですね。

武雄神社は武雄市図書館と武雄市こども図書館のすぐお隣にある神社なので、合わせて観光を楽しむがベストだと思います。

 

武雄神社

住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335

TEL:0954-22-2976

創建:天平3年(735年)

 

アクセス

武雄市図書館 蔦谷書店(TUTAYA)とスターバックスと図書館が一体化した陽だまりの空間

武雄市図書館を撮影して来ました!

佐賀県武雄(たけお)市にある、武雄市図書館」に行きました。

f:id:Jinichi:20190227102725j:plain

 本が大好きな私は以前からずっと行ってみたいと思っていたのですが、

前回間違えて長崎に行くなど、紆余曲折を経て、ようやくたどり着きました!

博多駅から約1時間30分かけて到着

アクセスは博多駅新鳥栖駅肥前山口武雄温泉駅で下車。

2回の乗りかえを経て到着。

途中に佐賀市吉野ヶ里遺跡があったので、今度はそちらも撮影しようと思います。

f:id:Jinichi:20190227103528j:plain

こちらは武雄温泉駅から見た風景。

ここから徒歩15~20分かけて歩くと武雄市図書館」があります。

武雄市とは

佐賀県の西部に位置する市で、人口は約48,000人。

中心には1,300年の歴史がある「武雄温泉」があります。

この温泉には武雄温泉楼門があり国の重要文化財に指定されています。

佐賀牛すき焼き弁当武雄北方ちゃんぽんが代表的なグルメです。

 武雄市図書館へ

武雄市図書館は図書館蔦谷書店(TUTAYAスターバックスが入った複合施設です。2013年にリニューアルし年間約60万人を越える観光客が訪れるなど、市内随一の人気スポット。

朝9:00~夜9:00まで365日年中無休で営業。

Tカードがあれば図書館の本を貸し出しすることが出来るようです。

蔵書数は20万冊を越えますが、館内に設置されているipadで検索することが可能です。

f:id:Jinichi:20190227104728j:plain

さあ着きました!武雄市図書館です。

f:id:Jinichi:20190227105015j:plain

道路の反対側にはゆめタウンもあるので、

お食事などはそちらで利用されるのもおすすめ。

f:id:Jinichi:20190227104926j:plain

これからどんな空間が待っているかと思うとワクワクします。

武雄市図書館では撮影可能なスポットは2ヶ所です。

f:id:Jinichi:20190227110154j:plain

 中に入ると左手にこんな案内が・・・

こういった施設に行った時にまず気をつけることは、

カメラ撮影が出来るかどうかですよね。

・1階入り口横、2階キャットウォークでのみ撮影が可能

・動画の撮影、フラッシュ・三脚の使用の禁止

・通行の妨げにならないように配慮

・図書資料の撮影の禁止 etc

ルール・マナーを守って、楽しく撮影しましょう。

まずは2階のキャットウォークから撮影しました。

f:id:Jinichi:20190227111640j:plain

おしゃれな空間に、もう溢れんばかりの本の山です!

f:id:Jinichi:20190227111819j:plain

ちょっとひいた位置からの全体像の写真。

2階の左手が図書館の貸し出し用の本の数々。

1階のいくつあるか分からないくらいの棚の本はTUTAYAで販売しているものです。 

f:id:Jinichi:20190227112139j:plain

1階入り口のスペース。

陽がほどよく当たり、明るくて開放的な空間を演出しています。

f:id:Jinichi:20190227112336j:plain

話題の新刊などがそろった本のスペース。

落合陽一さんや西野廣亮さんの本が並べられていて、めっちゃ欲しくなりました^ ^

f:id:Jinichi:20190227112558j:plain

スターバックスもありますね。

f:id:Jinichi:20190227113110j:plain

ず~っと行列が出来ていて、注文出来る気がしませんでした。

館内のスタバで購入した飲み物は、すべて閲覧スペースに持ち込みが可能なので、コーヒーを飲みながら、ゆっくりと読書を楽しむことが出来ます。

f:id:Jinichi:20190227113218j:plain

日曜日と言うこともあり、カフェの席も満席状態。

1時間くらい待っても席が空かないので、座るのはあきらめました・・・。

次は1階から撮影

f:id:Jinichi:20190227114237j:plain

 最初に紹介した、入り口横のスペースからの撮影です。

天井のデザインがこの空間を彩り、館内を美しく照らし出しています。

f:id:Jinichi:20190227113631j:plain

写真に写っている空間だけでなく、

まだまだ奥にも図書資料や勉強が出来るデスクが取りそろえられていました。

ここも学生たちがたくさんいて、すべて席は埋まっていました。

それだけ人気のスポットなんですね。

f:id:Jinichi:20190227114058j:plain

2階のキャットウォークを1階から撮影。

ここの一番左手が、2階からの撮影可能スポットです。

f:id:Jinichi:20190227114602j:plain

スタバの外にはテラス席もあり、自然の空間も楽しむことが出来ます。

お隣にはこども図書館もあります。

2017年10月にオープンした武雄市こども図書館」

f:id:Jinichi:20190227115138j:plain

 芝生のほどこされた広場や木が、自然の景観に調和しています。

f:id:Jinichi:20190227121259j:plain

スタッフの方に聞いたところ、こども図書館は自由に撮影OKとのこと^ ^

f:id:Jinichi:20190227121508j:plain

「遊び」から「学び」をコンセプトに子どもの成長をサポートしています。

蔵書数は約20,000冊、CD・DVDは約1,000枚。

f:id:Jinichi:20190227121713j:plain

木で建築された、あたたかみを感じる空間。

子どもの視野に合わせて、棚が低く設計されています。

f:id:Jinichi:20190227121829j:plain

子どもたちもまるで家にいるかのようにリラックスしています。

大人が見ても、遊び心ある、楽しい空間ですね。

2階にはカフェがあります。

f:id:Jinichi:20190227122158j:plain

2階には「九州パンケーキカフェ」が併設されています。

コーヒーやオリジナルドリンクも提供されています。

武雄市図書館では人が多すぎて座ることが出来ませんでしたが、

ここでようやく一息つくことが出来ました。

f:id:Jinichi:20190227122555j:plain

カフェから見た空間。

大人も子どもも、みな楽しそうに本に触れていますね。

家族で子供連れのかたは、こちらの子ども図書館がおすすめ出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

佐賀県武雄市にある「武雄市図書館」&「武雄市子ども図書館」。

私の想像したとおり、とても素敵な空間でした。

本とコーヒーが大好きな私にとってはまさに夢のような場所!

武雄市在住のかたは気軽に利用が出来て、うらやましいです。

ただ土日はやはり人が多く、スターバックスなどはまともに座ることが出来ません。

ゆっくり読書して寛ぎたい方は、平日の利用がおすすめですね。

図書館にはコンシェルジュのスタッフも多くいるので、館内の案内や本の場所の相談も気軽に行う事が出来ます。

この機会に立ち寄り、読書の楽しみをみなさんも見つけてみませんか?

 

武雄市図書館

 住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304番地1

TEL:0954-20-0222

開館時間:午前9:00~午後9:00 / 年中無休

 

武雄市子ども図書館

TEL:0954-23-0644

営業時間:午前9:00~午後9:00 / 年中無休

 

アクセス

篠栗九大の森 神秘的な雰囲気が楽しめます

篠栗九大の森を撮影してきました。

f:id:Jinichi:20190225095641j:plain

福岡県糟屋郡(かすやぐん)篠栗(ささぐり)九大の森に行ってきました。

神秘的な雰囲気を持ち、インスタ映えするスポットとしても有名ですね。

篠栗九大の森九州大学の敷地内にあり、篠栗町九州大学が共同で整備・管理を行っています。

静かな森にたたずむ絶景には心がとても癒されます。

西鉄天神バスセンターから高速バスに乗りました。

今回は西鉄天神バスセンター(3F)から高速バスに乗り、目的地まで行きました。

1番乗り場の「飯塚・田川方面」のチケットを券売機で500円で購入。

 30分ほどで「糟屋警察署前」に着くのでそこで下車します。

糟屋警察署前からは徒歩で約15分ほどですね。

さっそく向かいましょう・・・と「おやっ。」

f:id:Jinichi:20190225100910j:plain

 途中の田んぼでかわいい生き物が・・・

ネコを見つけるとついシャッターを切ってしまいます^ ^

九大の森・南口に到着

f:id:Jinichi:20190225101437j:plain

入り口である南口に到着しました。

駐車場にトイレもあります。

目的地の「水辺の森」までは南口からは約2kmくらいあります。

(反対の北口からは約1kmくらい)

ここでしっかり準備して行きましょう。

f:id:Jinichi:20190225102106j:plain

さあスタート。

これからがっつり森の中に入って行きます!

f:id:Jinichi:20190225102345j:plain

かたむく木!!!

ゆる~い坂もありますが、そこまで危険ではないので子供連れでも、

安心して歩けると思います。

f:id:Jinichi:20190225102549j:plain

左手からのぞくのは、中心に位置する大きな「蒲田池(かまたいけ)」

f:id:Jinichi:20190225102751j:plain

f:id:Jinichi:20190225103606j:plain

ジブリ作品のもののけ姫に出てくるシシ神の池を思わせると評判。

現在、九大の森年間12万人が訪れる人気スポットになっています。

f:id:Jinichi:20190225103237j:plain

 途中のスポットには広場が多く点在しています。

これは「くりのき広場」

自生の大きなクリの木を残して、広場にしています。

f:id:Jinichi:20190225103734j:plain

どんどん進んでいきます。

f:id:Jinichi:20190225103904j:plain

上を見上げても完全に森に囲まれちゃっています。

f:id:Jinichi:20190225104007j:plain

だいぶ森の深くまで歩いてきました。

雰囲気も非日常的なものにすっかり変わっています。

 水辺の森に到着!しかし・・・

ここまで歩くこと15~20分。

いよいよ「水辺の森」に着きました。ところが・・・

f:id:Jinichi:20190225104558j:plain

 「ガーン!!!」水がひいてるっ!!!

f:id:Jinichi:20190225104721j:plain

 私が行った時間帯は水が減水しており、

水に浸かる木々は見る事が出来ませんでした。

春だと満水になって本当の美しい姿を見る事が出来るようです。

ただ私は去年見に行った時、満水の写真を撮る事が出来ていたので、

逆に今回こちらの姿を見る事が出来て、貴重でした。

去年撮った写真がこちらです!

f:id:Jinichi:20190225105331j:plain

f:id:Jinichi:20190225105351j:plain 

f:id:Jinichi:20190225110745j:plain

f:id:Jinichi:20190225110826j:plain

差し込む光に緑色が映えて、まるで物語の世界みたいですよね。

池にしっかりと根をはる木々はラクウショウ(落羽松)」と言います。

湿地や水につかる場所でも生育することが出来て、別名「ヌマスギ」とも呼ばれます。

福岡には数少ない幻想的な場所です。本当に貴重ですね。

小鳥のさえずりを聞きながら、この時は夢中になって写真を撮っていました。

f:id:Jinichi:20190225111519j:plain

帰りは北口方面に向かいます。

f:id:Jinichi:20190225111814j:plain

ぐるっと一周するような遊歩道です。

f:id:Jinichi:20190225111918j:plain

無料の貸し出しの杖もあります。

長丁場なので、不安な方は使ってみてはどうですか?

まとめ

以上、篠栗九大の森でした。いかがでしたか?

福岡には珍しい幻想的な雰囲気を少しでも感じてもらえたら幸いです。

全長はおよそ3~4kmほどですが、途中には広場やイスなど休憩スポットもあるので、ゆっくりと自然を満喫しながら周ることも可能です。

秋には紅葉も楽しめるとのことで、何回でも行ってみたくなるスポットですね。

ただ今の季節(2月)は減水しているので、春頃からが本当の見ものです。

f:id:Jinichi:20190225114009j:plain

黒ラーメンを食べて、帰りは「糟屋警察署前」から、

また高速バス(500円)に乗って天神バスセンターに戻りました。

 

篠栗九大の森

住所:福岡県糟屋郡篠栗町和田1009

開園時間:南口駐車場・北口駐車場

 4月~9月 午前6時から午後5時まで

10月~3月 午前7時から午後5時まで

 

アクセス

南公園西展望台から福岡の景色を撮影しました。

南公園西展望台は福岡の絶景を楽しめます。

f:id:Jinichi:20190224190354j:plain

今回は福岡市中央区輝国にある「南公園西展望台」で撮影して来ました。

私のブログのトップの画像もここから撮影しました。お気に入りです。

地下鉄七隈線桜坂駅から徒歩15分福岡市動植物園から徒歩6・7分

アゴーラ福岡山の上ホテル&スパからは徒歩3分の小高い丘にあります。

西展望台へ

f:id:Jinichi:20190224185203j:plain

ここの最上階までは、いつでも自由に登ることが出来ます。

f:id:Jinichi:20190224185544j:plain

展望台の真下から撮った写真。

マンション3~4階分の高さでしょうか。

f:id:Jinichi:20190224185721j:plain

展望台の真ん中付近で取った写真。

f:id:Jinichi:20190224185747j:plain

天気も良く晴れてて、すでにい~い感じですね。 

最上階まで登って来ました。

ちなみに中はこんな感じになっています。

f:id:Jinichi:20190224190111j:plain

全方位360度で福岡の景色を一望することが出来ます。 

f:id:Jinichi:20190224191000j:plain

まずはヤフオクドーム方面から。左の高い建物はヒルトンシーホークホテル

右手側後ろにう~っすら見える島が志賀島(しかのしま)です。

海に囲まれた自然あふれる島で、乃木坂46与田祐希ちゃんの出身地ですね。

f:id:Jinichi:20190224191835j:plain

ちょっと左にずれて福岡タワー。後ろの大きい島は能古島(のこのしま)です。

一面の花畑とミニ動物園が楽しめる「のこのしまアイランドパーク」があります。ここにはフェリーで行くことが出来ます。

f:id:Jinichi:20190224192408j:plain

手前の大きい建物は六本松に新しく出来た福岡地方裁判所です。

もともとは九州大学がありましたが移転したことで、六本松再開発の目玉になっている建物ですね。

f:id:Jinichi:20190224192903j:plain

こちらは中村学園大学がある別府(べふ)方面。

f:id:Jinichi:20190224193026j:plain

私の母校でもある福岡大学が見える城南区七隈(ななくま)方面です。

この先の油山(あぶらやま)を越えたらどこに行くのはもうさっぱり分かりません^ ^

f:id:Jinichi:20190224193232j:plain

このブログでもたくさん紹介した福岡山の上ホテルもにょっきりと見えます。

ここに載せた写真と同じような景色が、このホテルからも望めます。

 隠れ家的ないい場所にあるホテルだと本当に思います。

ただ建築法の関係で、もう新しい建物をこの場所に建設することは出来ません。

1967年創業なので50年以上経つんですが、この状態を維持したまま、今後も経営を続けないといけないようです。

f:id:Jinichi:20190224193930j:plain

 福岡動植物園の方面。右には上智福岡中学・高校があります。

f:id:Jinichi:20190224194336j:plain

 展望台の手前には駐車場があります。

これだけの車に乗った人たちが、この展望台に大挙して登って来る・・・

わけはなく、土日は動植物園の第2駐車場になっています。

 猫との出会い

景色を堪能し、下に降りると「おやっ。」

f:id:Jinichi:20190224195012j:plain

 目の前を横切る野良猫が・・・

f:id:Jinichi:20190224195154j:plain

目と目が合う~♪

しゃがんで手を差し出すと、こちらにトコトコと。

f:id:Jinichi:20190224195358j:plain

近っ!!!

f:id:Jinichi:20190224195645j:plain

妙に人なつっこい野良猫です。

ひとしきりスキンシップした後、目の前で堂々とくつろぎ出しました^ ^

f:id:Jinichi:20190224200217j:plain

f:id:Jinichi:20190224200242j:plain

f:id:Jinichi:20190224200328j:plain

でかいアクビもしちゃってます。

そら天気も良くて、暖かいから眠たくもなるやろなあ~。

意外なおまけがついて楽しめました。

 まとめ

f:id:Jinichi:20190224200702j:plain

 南公園西展望台は24時間無料でいつでも入ることが出来ます。

今回は朝と昼の福岡の景色を撮影しましたが、夜景も美しいです。

駐車場もあり(夜は施錠されてしまいますが)、登るのもそこまで大変ではないので、比較的お手軽に撮影や見物が出来るのではないでしょうか。

野良猫もよくあの辺を散歩しているので、運がよければ出会えます。

可愛がってあげて下さい(笑)

ぜひ一度足を運んでみることをおすすめします!

 

南公園西展望台

住所:福岡市中央区輝国1-1-77

時間:24時間営業

 

アクセス

EVOjapan2019レポート② 【ストリートファイター5・プロゲーマー】

EVOjapan2019レポート2回目

前回に続き、2月15日~17日にかけて福岡国際センターで行われた「EVOjapan2019」をレポートしていきます。

f:id:Jinichi:20190223202947j:plain

今回の競技は6種目

6種目全て以下の格闘ゲームです。

ストリートファイター

鉄拳7

ギルティギア Xrd REV 2

ザ・キングオブファイターズ XIV

ソウルキャリバー6

ブレイブルー CROSS TAG BATTLE

私はストリートファイター5(スト5)が好きなので、そちらを中心に見ていきました。

f:id:Jinichi:20190223204055j:plain

多くのプロゲーマーも参加しています。

会場内を歩いていると多くの有名プレイヤーを間近で見ることが出来ました。

初日にゲームブースに行くとあのお方が・・・

f:id:Jinichi:20190223204616j:plain

東大卒プロゲーマーの「ときど」さん。

スト5ではEVO2017優勝・2018準優勝と結果を残す最強豪鬼使い。

マーダーフェイスアイスエイジと数々の異名を持つ「格ゲー5神」の一人でもあります。(他の4人はウメハラ・オオヌキ・sako・ハイタニ

昔、配信で見たマーダーフェイスを生で見ることが出来て感激しました。

2日目に私が観客席で試合を観戦していると、ときどさんが目の前の席に座って、試合中のマゴさんの応援をし出した時にはビックリしましたね。

著書にも書いてありましたが、海外を経験するうちに型にとらわれない楽しみ方を覚えたとのことで、近くにいた観客とも談話したりと、気さくでとても優しい人だと感じました。

f:id:Jinichi:20190223210050j:plain

私も写真を撮らせて頂きました。

こころよくOKしてくれて、ありがとうございました!

さらに近くを見回してみると・・・

f:id:Jinichi:20190223210250j:plain

今大会バーディーを使って準優勝したCygames所属のプロゲーマー「ふ~ど」さん。スト5以外にもバーチャファイターガンスリンガーストラトスで全国優勝した実績を持つ、ものすごく器用な人です。

f:id:Jinichi:20190223211155j:plain

こちらは夫婦でプロゲーマーとして活動する「ももち」さんと「チョコ」さん。

株式会社忍ism(シノビズム)を経営し、自身だけでなく後進のゲーマーたちを育てる活動を行っています。

写真を撮らせてもらう時はめちゃくちゃ緊張しました。

断られたらどうしようとかネガティブな感情が浮かびましたが、もう撮れる機会なんて一生ないかもしれなかったので、勇気を振り絞って行きました^ ^

本当にありがとうございました。

ももちさんはその後のスト5でコーリン是空を使い、みごと「EVOjapan2019 スト5部門」優勝を飾っています。

おめでとうございます!

熱い戦いを繰り広げるプレイヤーたち

f:id:Jinichi:20190223213125j:plain

壇上では熱い戦いを繰り広げるプレイヤーを観客席から楽しみました。

f:id:Jinichi:20190223213050j:plain

真剣な表情でプレイするももちさん。

f:id:Jinichi:20190223222207j:plain

 こちらはスクウェア・エニックスに勤務する社会人プロゲーマーの「ネモ」さん。

ユリアンを使い、今回は5位でフィニッシュ。

しかしプロゲーマーのユニもサッカー選手みたいでカッコいいですね。

f:id:Jinichi:20190223222932j:plain

 福岡で活動する「ぷげら」さん。

スパ4時代は九州最強いぶき使いでした。

f:id:Jinichi:20190223223428j:plain

今回もいぶきとバイソンを使用していましたが、パウエルさんとふ~どさんに負けて、9位でフィニッシュ。福岡勢なので歓声もすごかったです。

f:id:Jinichi:20190223223843j:plain

TOPANGA(トパンガ)に所属する「マゴ」さんと「豊田風佑」さん。

マゴさんはしゃべりがおもしろいし、格ゲーに対する知識が半端じゃない。

またすぐにスポンサーを見つけて、プロとして活動して欲しいですね。

豊田さんは裏方として今大会を支えていました。

大会に出場するだけでなく、ファンとも交流するプロゲーマー

f:id:Jinichi:20190223224436j:plain

試合後にももちさんなどは一般ゲーマーにまじり、対戦会を行っていました。

板橋ザンギエフさんも対戦ブースでよく見かけ、ファンと談笑し、交流を深めていました。eスポーツをさらに普及させるために、ファンサービスにも余念がないです。

まさにこれぞプロですね。

レトロゲーも盛り上がっていました

f:id:Jinichi:20190223225037j:plain

いまだに根強い人気を誇る「ストリートファイター3 3rd STRIKE」

大会中も観客席後ろから大歓声が聞こえると思ったら、このゲームで盛り上がっていたんです(笑)

f:id:Jinichi:20190223225342j:plain

午後8時を越えようとも、大会を楽しみ続ける観客たち。

f:id:Jinichi:20190223225417j:plain

サムライスピリッツ」の完全新作も2019年に発売予定。

f:id:Jinichi:20190223225714j:plain

外に出るとすっかり真っ暗。

EVOJapan2019まとめ

初めてのEVOjapan福岡開催、とても楽しませてもらいました。

自分の腕を頼りに戦い続けるプロゲーマーたちは、本当にカッコよかったです。

またeスポーツの盛り上がりを間近で体感出来て、いい経験になりました。

世界中の人間がゲームで繋がっている。

ゲームで楽しみ、交流を深める、ゲームに国境はないことを感じました。

ただeスポーツもまだまだ発展途上。

これから追いかけて行く価値がとても大きいように思います。

次回また大きな大会があれば、県外でも撮影しに行きたいですね。

 

福岡国際センター

住所:福岡市博多区築港本町2−2

TEL:092-272-1111

収容人数:10,000人(1階・約6,000人、2階・約2,500人、3階・約1,500人)

管理運営:福岡コンベンションセンター

 

アクセス

EVOjapan2019レポート① 【eスポーツ・格闘ゲームの祭典】

EVOjapan2019をレポート

2月15日~17日にかけて福岡国際センターで行われた、格闘ゲームの祭典「EVOjapan2019」を見て来ました!

f:id:Jinichi:20190223110624j:plain

eスポーツって知っています?

簡単言うとゲームを使って複数人のプレイヤーで対戦するスポーツ競技ですね。

2010年に格闘ゲームの神・梅原大吾さん(通称:ウメハラ)がプロゲーマーになったこときっかけに、日本でも認知度が上がってきました。 

主なゲームで言うと

FPS・・・バトルフィールド など

TPS・・・スプラトゥーン・荒野行動 など

MOBA・・League of Legends など

格闘ゲームストリートファイター・鉄拳・キングオブファイターズ など

スポーツ・・ウイニングイレブンシリーズなど

ここにあげた以外にも、レーシング・パズル・トレーディングカードMMORPGなど.eスポーツでプレイされているゲームは多岐に渡ります。

EVOjapanとは

世界最大規模を誇る対戦格闘ゲームのオープントーナメント

Evolution Championship Series(通称EVO)

EVOjapanは、その理念を受け継ぐもうひとつの世界大会。

初開催のEVOjapan2018は東京で3日間にかけて開催され、エントリー数約7,200名(このうち海外からの参戦が38%)。

総来場者約14,000名、インターネット配信視聴者約10,850,000名と熱戦を繰り広げてきました。

2019年の2回目は福岡で開催。新しいチャンピオンが登場する瞬間を、世界中が注目しています。

福岡はゲーム産業都市

福岡市は2006年から「ゲーム産業都市」を目指し、全国に先駆けて振興に取り組んでいます。その結果、福岡市内のゲーム関連企業は約3倍、従業員数は約4倍に増加しているようです。

ドラクエ8妖怪ウォッチでも有名なレベルファイブも福岡市薬院に拠点を置いていますよね。

 福岡国際センターへ

初日と2日目は無料で観戦出来るとのことだったので、天神からバスに乗って福岡国際センターへ(約10分)向かいました。

f:id:Jinichi:20190223110700j:plain

レッドブルの車が入り口で出迎えてくれます。

エナジードリンクで有名なレッドブルもeスポーツに参入しています。

アスリートとしてスト5の「ウメハラ」・「ボンちゃん」鉄拳の「たぬかな」がプロとして契約を結んでいますね。

f:id:Jinichi:20190223135435j:plain

 中に入るとまたしてもスポーツカーが。

f:id:Jinichi:20190223135552j:plain

スポンサーとしてカップヌードルも参加しています。

f:id:Jinichi:20190223135845j:plain

また一歩中に入ると、会場を埋め尽くす人・ヒト・ひとが。

f:id:Jinichi:20190223140056j:plain

世界中のゲーマーが集まってゲームをしています。

会場には自由にゲームを出来るスペースがいたる所にあり、そこで久しぶりに会った仲間や知らないもの同士で対戦して交流を深め合い、楽しんでいるようです。

f:id:Jinichi:20190223140413j:plain

ストリートファイター5アーケード版」のデモプレイ。
これまでのストリートファイターシリーズとは違い、スト5は家庭用でしか出ていませんでしたが、2019年中にゲームセンターでもプレイ出来るようになります。

Myアケコンも使用出来るみたいです。ゲーセンもどんどん進化していますね。

f:id:Jinichi:20190223140842j:plain

f:id:Jinichi:20190223140926j:plain

新作デッドオアライブ6」2019年3月1日リリース。

f:id:Jinichi:20190223141114j:plain

大迫力の3画面を使い、ゲームを進行しています。

f:id:Jinichi:20190223141228j:plain

会場内はわりと自由に動き周ることが出来て、これだけ近づいても写真が撮れますし、プロゲーマーをはじめとした有名人も気軽に歩き周って、ファンとの交流も行っていました。

f:id:Jinichi:20190223141637j:plain

私の今回の一番の目的のストリートファイター5

現在いろいろと忙しくてゲームは出来ないんですが(スト5もやったことはありません泣)、数年前スト4シリーズをめっちゃやり込んでいました。

あのころは2010年にウメハラがマッドキャッツと契約しプロゲーマーになり、ゲーム配信が流行して、格闘ゲームの全盛期をむかえていました。

私も「スーパーストリートファイター4」からウルトラストリートファイター4までいぶきエレナを使ってプレイし、PS3XBOXPP5000、アーケードでMASTERまでいきました。

その時はイベントのほとんどが東京だったので、ネット配信でおもに楽しんでしましたが、こうやって福岡で開催され、生で楽しめるのですから感動ですね^ ^

f:id:Jinichi:20190223142811j:plain

2階に上がると、ネット配信をするための作業を行う方々が。

裏方のひとがこうやって頑張っているからこそ、プレイヤーはゲームに集中し、私たちもネット配信を楽しんで見ることが出来るのでしょうね。

f:id:Jinichi:20190223143017j:plain

2階でもゲーム対戦で楽しんでいる人たちが。

これは懐かしのストリートファイター2

春麗のコスプレ?したキャラクターが盛り上げてくれています。

f:id:Jinichi:20190223143259j:plain

う~ん、スゴイひとだかり。

世界中の人たちがゲームを通じて交流しています。

ゲームも立派なコミュニケーションツールのひとつですね!

f:id:Jinichi:20190223144425j:plain

以上、福岡国際センターで行われた「EVOjapan2019」のレポート1回目でした。

続きもスト5中心にレポートしていきます。

 

福岡国際センター

住所:福岡市博多区築港本町2−2

TEL:092-272-1111

収容人数:10,000人(1階・約6,000人、2階・約2,500人、3階・約1,500人)

管理運営:福岡コンベンションセンター

 

アクセス

堀江貴文著「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」レビュー

ホリエモンの「ゼロ」を読んでみて

f:id:Jinichi:20190221121620j:plain

今回は本のレビュー・・・と言うか、読んでみて思ったこと・感じたことを書いていきたいと思います。

私は趣味のひとつに読書があります。

もうかれこれ8・9年くらい色々な本を読んできました。

小説・ビジネス・自己啓発・雑誌などなど・・・

数をかぞえたことはないですが、おそらく1,000冊以上は読んできています。

でもこれだけ読んできているのにカメラと違って、そこまで人に披露する機会がなかなかないんですよね。

なのでこのブログを通してインプットだけではなく、アウトプットして、みなさんと色々な思いを共有出来ればと思います。

第1回目は私が現在もっともハマッている人。

福岡が生んだ奇才ホリエモンこと堀江貴文さんの「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んで感じたことをテーマにしていきます。

堀江貴文とは

堀江 貴文(ほりえ たかふみ)

1972年10月29日生まれ(現在46歳)

出身:福岡県八女市

出身校:久留米大学附設高等学校卒業 / 東京大学文学部中退

職業:実業家・著作家・投資家・タレント・YouTuber

公式サイト:ホリエモンドットコム

horiemon.com

YouTubeホリエモンチャンネル

www.youtube.com

 初めて読んだのは2015年

 堀江さんの本読んだのは2015年

それまでの堀江さんに対するイメージは自分の中では本当に悪かったですね(笑)

2004年に近鉄バファローズ買収ニッポン放送筆頭株主になっての買収、2005年に衆議院選挙に出馬

さらには2006年に証券取引法違反容疑での逮捕

世間を騒がせるだけ騒がせて結局消えてしまった、よくある一発屋な人だったのかなと。

出所後はそれほど目立つこともなく、地道に活動しているのかあと思っていました。

 時が経ち私は仕事の関係で10年以上いた福岡を離れて、鹿児島に転勤になりました。

会社の福岡店に5年半勤務してからの突然の鹿児島行き。

人生で鹿児島に行ったことなど一度もなく、知り合いも全くいない。

文字通りゼロからのからの再出発で、当時は精神的にかなりきつかったです。

ちょうどそんな時にこの本に出会い、惹かれたのだから偶然ではないでしょうね。

中身を読むとそれまでの堀江さんのイメージがくつがえされました。

 堀江さんは派手で目立ちたがり屋だと思っていましたが、ページを1枚ずつめくるたびにそれは誤解だったんだなと感じました。

実は堀江さんは意外と不器用で、そう言うかたちでしか当時はメッセージを送ることが出来なかったんだなと。

言葉で説明するよりも目に見える結果で、論理的に語ること。

それが自分の思うコミュニケーションだと。

しかし逮捕されてしまったことで、本人の中でも考えが変わり堀江貴文という人間」を理解し受け入れてもらうために、かっこ悪い話や抱えるコンプレックスについてもさらけ出そうと決意したようです。

自分を変え、周囲を動かし、自由を手に入れる手段は働くこと

 ちなみに私は働くこと・仕事をすることが好きです。

社会に出たのは26歳と遅かったのですが、それは学校があまり好きではなく、社会に出ることが学校の延長線上のように思えて、ずいぶん長い期間モラトリアムを過ごしてしまいました。

あのせまい教室に40人近くを閉じこめ、教師の話を受身でだまって聞くだけの時間。

退屈すぎてウンザリしていた部分がありました。

でも社会に出ると、働くことは受身ではなく自分で動き、その結果と行動に責任を問われる。

刺激的でとても面白いと思います。

今では本当に社会に出ることが遅かったことに後悔しています。

堀江さんは一貫して行動することの大切さを説き、ゼロの自分にイチを足し、小さな成功体験を積み上げ、自分の殻を破っていこうと言っています。

そうすることで、つまらない常識・しがらみ・お金から自由になっていったのだと。

堀江貴文生い立ち、家族との関係、大学時代

 堀江さんの生い立ちを見ると、一見普通ながら本人は不自由を感じており、どこか自由になれる場所を必死で探していたように感じます。

公立中学ではなく福岡の名門・久留米附設。

九州大学ではなく、福岡県八女市を出て東京大学へ。

東京大学を中退し、インターネットの可能性を感じて「有限会社オン・ザ・エッジ」を起業。

働くことを通して自由を獲得していったのではないでしょうか。

やりたいことを全部やって小さなイチを足していき、積み重ねたイチがやがて強固な自信となって自らの生を充実させていく。

そして不自由な思いをしているのは自分だけではないだろうから、声を上げて世間の空気を変えていきたい。

誰かが言っていました。ホリエモンは本当におせっかいが好きだ」と。

自分もいまの日本には生き辛さ・不自由を感じていることが少なからずあるので、すごく共感が出来ましたね。

最後の締めくくり「働こう」

堀江さんのどの本を読んでも、自分がどれだけメッセージを届けても実際に行動出来る人間は数%しかいない。

自分にはあなたの人生に直接手を触れることが出来ない。

自分の人生を動かすことが出来るのはあなた自身だと。

私は実際にどのくらい行動しているのでしょうか。

その結果が出るのはまだまだこれからなんでしょうね。

それまで必死になって、また働き続けます^ ^

長崎ランタンフェスティバル2019

長崎ランフェス2019に参加してきました!

f:id:Jinichi:20190220192950j:plain

さて原爆資料館を見学し終わり、時刻は17:40.

全然知らなかったのですが、長崎ではランタンフェスティバルなるものを開催中らしい・・・

調べたらかなり有名なお祭りなんですね。

(九州に住んでいるのに自分の無知さが恥ずかしい・・・)

ランタンフェスティバルとは

長崎県長崎市で2月上旬から中旬にかけて開催されている、おもに新地中華街を中心に旧正月を祝うお祭り。

約15,000個のランタン(中国ちょうちん)が長崎の街を煌びやかに彩ってくれます。

 

f:id:Jinichi:20190220201908j:plain

長崎に来たときから、ところどころにランタン(提灯)が飾ってあったので、何かやっているんだろうな思ってはいましたが。

さっそく参加してみることにしました!

ただ時間がまだありそうなので、少し長崎を散策♪

f:id:Jinichi:20190220192806j:plain

みらい長崎ココウォーク

バスターミナルが併設されたショッピングモールで映画館もあるみたいです。

アミュプラザと並んで長崎のトレンドを発信するスポット。

観覧車と市電が映えて、撮り応えがあります。

f:id:Jinichi:20190220193505j:plain

JR長崎駅に戻ってきました。

昼とは雰囲気が変わって、お祭り模様です。

長崎駅前から市電に乗って、まずは浜町アーケード

f:id:Jinichi:20190220202202j:plain

アーケード前の今にも羽ばたいて行きそうな鳥?

f:id:Jinichi:20190220203327j:plain

アーケード内もランタンで埋め尽くされてます。

f:id:Jinichi:20190220203455j:plain

夜の市電も雰囲気出ててカッコいい!

f:id:Jinichi:20190220203746j:plain

次は本命の「新地中華街」に向かいます。

長崎新地中華街横浜・神戸と並ぶ日本の三大中華街のひとつ

約250メートルの十字路は中華料理や中国菓子・中国雑貨など約40店舗が軒を連ねています。

f:id:Jinichi:20190220204127j:plain

 中華街にある銅座川

幻想的な雰囲気になってきました。

f:id:Jinichi:20190220204516j:plain

中華街の東門。

f:id:Jinichi:20190220204617j:plain

手前の橋ではランタンのオブジェたちがところせましと。

みんな夢中になって写真撮ってました。

f:id:Jinichi:20190220205904j:plain

中華街のなかのランタンもきれい!

よく「福」が逆さになっているのを見かけますが、これは「倒福」。

倒と到の発音が同じことから「到福(福が到る)」の意味を持っています。

f:id:Jinichi:20190220210748j:plain

中華料理のお店もたくさん入っています。

f:id:Jinichi:20190220210830j:plain

食べ歩きも楽しそうです♪

中央公園会場へ 

中華街を抜けると、その先には「中央公園会場」が。

f:id:Jinichi:20190220211607j:plain

 ものすごい行列。

しかし身軽な私はスイスイ抜けて、無事会場の中へ。

f:id:Jinichi:20190220211851j:plain

会場内にはこれでもかって位、大小さまざまなランタンがお出迎え。

f:id:Jinichi:20190220212054j:plain

f:id:Jinichi:20190220213309j:plain

目の前の景色がランタンで埋め尽くされます。

f:id:Jinichi:20190220212235j:plain

「ロウソク祈願四堂巡り」は4堂を巡り、ロウソクを灯して祈れば願いが叶うのだとか。

写真ではよく見えませんが、小さなブタの頭がめっちゃ並べられていたんですが、あれは本物だったんだろうか・・・

f:id:Jinichi:20190220212812j:plain

イベント会場ではちょうど「龍踊り」を行っていました。

さすがに人が多すぎて、カメラ持って中に入るのは不可能でした。

f:id:Jinichi:20190220212952j:plain

愛機のカメラ・Canon6Dのバリアングル機能をいかし、おもっきし腕を上げて、何とか写真をとることだけは成功!

f:id:Jinichi:20190220213219j:plain

終了後はみなさん思い思いに食事などを楽しまれていました。

f:id:Jinichi:20190220213449j:plain

以上長崎ランタンフェスティバル2019の写真でした。

思いがけずランフェス見ることが出来て

もともとは佐賀に行くつもりが間違えて長崎に来て、たまたまこのお祭りを知り、楽しむことが出来てラッキーでした。

今年で26回目。

15日間の開催で100万人を超える人々で、春節を迎えた喜びにあふれています。

最初は手作りでのスタートだったようです。

確かに見ていると人のあたたかみが感じられるような、ランタンの数々でした。

ここまで大きく出来たのは、長崎市民みなの協力があってこそなんでしょうね。

今回は限られた時間の中で「新地中華街」・「浜町アーケード」・「中央公園」を紹介しました。

長崎ランタンフェスティバル20192月5日(火)~2月19日(火)の期間で開催されていたこともあり、まだまだほかの場所でもたくさんのイベント公演やランタンが飾られていたようです。

写真をこれだけ公開しましたが、実際はほんの一部のようでした。

今年だけでなく、これからも幻想的な景色を楽しませてくれそうです。

 

 長崎ランタンフェスティバル

住所:長崎市新地中華街、観光通りアーケード、中央公園ほか

TEL:095-822-8888

開催期間:2019年2月5日(火)~2月19日(火)

 

アクセス

長崎原爆資料館を見学

まずは平和公園

グラバー園に行った後は、長崎原爆資料館を見に行こうと大浦天主堂からまた市電に乗りました。

長崎西洋館の近くで下車。

f:id:Jinichi:20190219072059j:plain

もうすっかり夕方です。

資料館の入管時間は17:00まで。

急がねば!!

・・・とその前に、平和公園が手前にあったので、そちらに立ち寄ってみる事に。

f:id:Jinichi:20190219072515j:plain

相変わらずエスカレーターがあって便利ですね。

f:id:Jinichi:20190219073149j:plain

登ると石碑が。

少女の手記です。

メッセージには「のどがかわいてたまらなかったので、あぶらがういた水でものんでしまった」との事。

その時代の悲痛な思いが伝わってきますね・・・

f:id:Jinichi:20190219073706j:plain

世界各国から送られたモニュメントたち。

f:id:Jinichi:20190219073734j:plain

この写真は長崎の鐘

1977年にここで亡くなった方々の冥福を祈るために作られたようです。

f:id:Jinichi:20190219073803j:plain

「折鶴の塔」は原爆犠牲者の霊をなぐさめ、世界恒久平和を願って塔に掲げています。

f:id:Jinichi:20190219074807j:plain

長崎市原子爆弾無縁死没者追悼祈念堂」

原爆によって亡くなった方の中でも、遺骨の引き取り手がない死没者を安置しています。

残念ながら平和記念像は2019年3月28日まで工事中のため、見る事は出来ませんでしたが、その他ではしっかりお祈りしてきました。

こうやって石碑や折鶴を間近に見ると、戦争が終わった後の静けさと悲痛な爪あとを感じる事が出来ました。

 

次は原爆資料館

一度平和公園のお土産店で少し腹ごしらえ。

f:id:Jinichi:20190219075827j:plain

杏仁豆腐味のソフトクリーム

めっちゃ美味しい♪

さあ原爆資料館へ。

平和公園からなだらかな坂をのぼり(またか・・・)徒歩7分

f:id:Jinichi:20190219081031j:plain

やっと着いた所で現在の時刻は17:05

!!!!!!!!!!!

入館時間が17:00まで。過ぎとるやんけ!!!!

基本的に何も考えていないと言うか、行き当たりばったりな男。

しかしせっかくここまで来たので中に入り、受付の方に話してみる事に。

「17:30に閉まりますが、それまでならいいですよ。」との事。

あ・・・ありがとうございます!!!!

長崎は優しい方ばかりで助かりました^ ^

f:id:Jinichi:20190219082547j:plain

なるほど資料館ホールは地下にあるんですね。

上が吹き抜けになっていてオシャレです。

f:id:Jinichi:20190219082756j:plain

受付で料金(¥200)を支払い、入り口へ。

写真撮影もOKとの事でした!

入ると、時計と1945年8月9日11:02amの文字が・・・

長崎に原爆が落とされた時間ですね。

これを見た瞬間から、その時間にタイムスリップしたような感覚になりました。

f:id:Jinichi:20190219084640j:plain

当時の写真がところせましと通路に・・・

f:id:Jinichi:20190219083251j:plain

 浦上天主堂の惨状。

f:id:Jinichi:20190219083426j:plain

f:id:Jinichi:20190219083449j:plain

その時のガレキが今もなお残っています。

f:id:Jinichi:20190219084819j:plain

爆心地は長崎市街中心部から約3キロはなれた別荘のテニスコート上空。

f:id:Jinichi:20190219085215j:plain

長崎に落とされた理由は、空爆の被害をあまり受けてこなかったため、原爆の威力を調べるのに都合がいい事。

造船所や製鋼所・兵器製作所の工場が集まっていたためと言われています。

f:id:Jinichi:20190219085505j:plain

放射線による被害を示す、ショッキングなもの。

原爆の放射線は身体の中に入り、細胞を破壊します。

無傷でも亡くなった方や、病気(白内障白血病・ガンなど)を引き起こされた方もいるようです。

f:id:Jinichi:20190219085802j:plain

 長崎型の原爆は広島型とはまた違い、長さ3.25m・直径1.52m・重さ4.5トン

火薬を使った爆弾2万1千トン相当の「ファットマン」と呼ばれています。

f:id:Jinichi:20190219090934j:plain

連続した核分裂で巨大なエネルギー(熱線・爆風・放射線を起こしています。

f:id:Jinichi:20190219091510j:plain

熱線は爆心地で約3,000~4,000度

約4キロ離れていても火傷を負う人がいたみたいです。

本当に恐ろしいですね・・・

f:id:Jinichi:20190219091807j:plain

当時の人口24万人に対して、死者が約73,000人。負傷者が約75,000人と推定されています。

f:id:Jinichi:20190219092054j:plain

生き残った医師や看護師によって救護活動が始められましたが、器材や薬品の不足。被爆者の数が多すぎたため、応急処置さえ満足に出来なかったようです。

この時代でもありますからね。

想像出来ないくらい凄惨だったんでしょう。

f:id:Jinichi:20190219092513j:plain

この方は永井隆博士

医学者として長崎の復興を願い、医学の進歩や世界平和に貢献された事から、長崎市名誉市民第1号となられています。

f:id:Jinichi:20190219092756j:plain

f:id:Jinichi:20190219092834j:plain

f:id:Jinichi:20190219092905j:plain

f:id:Jinichi:20190219092926j:plain

世界にはまだ核兵器1万4千発以上あると言われています。

自分の国の安全を保とうと、各国なかなか手放そうとしないようです。

戦争について

私の時代には小学校の図書室に中沢啓治著「はだしのゲンが全巻置いてあったので1年生から6年生まで、図書室に行った時は毎回読んでいた気がします。

そのおかげで広島の原爆に関する恐ろしさは子供の頃から学べていましたし、また火垂るの墓もよくテレビで放送されていたので戦争の悲惨さも強く感じていました。

いま小学校には「はだしのゲン」とか置いてあるんでしょうか?

戦争について学ぶためにも、置いていて欲しいですね。

原爆が落とされて70年以上経ち、戦争を経験された方たちがどんどん少なくなってきています。

そのような中でこの資料館は後世に思いを残し、伝えるために貴重なものです。

先人のおかげで、私もこうやって健康に写真を撮る事が出来る事にあらためて感謝し、今後も生きていきます!

 

長崎原爆資料館

住所:長崎県長崎市平野町7番8号

TEL:095-844-1231

営業時間:8:30~17:30(入館は17:00まで)※4月・9月~翌3月

料金:一般 200円、小・中・高校生 100円

 

アクセス

長崎を観光してきました!(グラバー園)

日帰りで長崎市内をぐるりと

もともと佐賀県武雄市の武雄図書館に行くつもりが、電車を降り間違えて、気がついたら長崎まで行ってました・・・

博多駅鳥栖駅新鳥栖駅→長崎で終着駅と。

途中の新鳥栖駅から肥前山口駅で下車して乗りかえで武雄温泉駅に行かないダメだったんですね。

10時30分博多駅から出発して長崎に着いたのが13時

やけに長いとは思っていたんですが・・・(アホかと)

もう引き返す時間もなかったので、そのまま長崎観光に突入しました!

JR長崎駅から出発!

f:id:Jinichi:20190219031456j:plain

長崎駅にはアミュプラザが入っています。

長崎駅の前には電停があり、これで市内が移動出来るみたいですね。

f:id:Jinichi:20190219032052j:plain

オレンジ色のおしゃれな市電もあります。

短い間隔でガンガン市電が通ります。

どこまで行っても¥120。これなら移動には困らなさそうです。

f:id:Jinichi:20190219032254j:plain

長崎県東彼杵郡に父親の実家があり、佐世保などには子供頃によく行っていたのですが、市内は初めて。

右も左も分からない状態。

とは言えお腹がへってしょうがないので、まずは駅前商店街で昼食を。

長崎と言えば「ちゃんぽん」

と言うことで王道はずしで皿うどん食べました(なぜ?)。

f:id:Jinichi:20190219033207j:plain

近くにあったお店に入ったのですがウマイ!

さずが本場です。

ただお店の名前忘れました・・・(スミマセン)

さてお腹もふくらまし、市電に乗る前に少しだけ市内を歩いてみました。

f:id:Jinichi:20190219033731j:plain

f:id:Jinichi:20190219033756j:plain

 子供の頃の長崎の実家のイメージと言えば坂と海でしたが、やはり市内もそんな感じで懐かしくなりました。

のんびり散策したい所ですが、時間がないのでスマホで近場の観光地を探すことに。

グラバー園が良さそうですね。

さっそく市電に乗って、長崎駅から大浦天主堂へ!

f:id:Jinichi:20190219045002j:plain

乗ること約10分ほどで着きました。

またそこから歩いて5分でグラバー園へ。

f:id:Jinichi:20190219045149j:plain

やっぱりここも坂道なんですね。

f:id:Jinichi:20190219045246j:plain

坂を登って行くと、まずは世界文化遺産にも登録されている大浦天主堂に。

日本とキリスト教の歩みの歴史で、創建150年を越える長崎のシンボル。

f:id:Jinichi:20190219045823j:plain

キリスト教が最も栄えたのは長崎で、徳川家康キリスト教に寛容であった頃には「長崎は日本の小ローマ」と言われていたようです。

受付で¥1,000を払えば教会の中にも入れます。

教会の中の祭壇はさぞきれいな写真が撮れるだろうと、意気込んでいったのですが・・・

中に入ると写真撮影禁止の看板が・・・(ガ-ン!!!)

グラバー園は長崎の美しい景色を一望出来ます。

気を取り直して、グラバー園の園内に入りました。

大人¥610で入ることが出来ます。

グラバー園と名前を聞いて、一面の花畑でもあるのかなと思っていたのですが、長崎市内の景色を一望出来る観光場なんですね。

f:id:Jinichi:20190219052415j:plain

なが~いエスカレーターに乗って上へ。

f:id:Jinichi:20190219052644j:plain

登って行くと「旧三菱第2ドックハウス」が。

船が修理などでドックハウスに停泊している間、船員たちが宿泊する施設でした。

中にも入ることが出来て、ここから見る長崎の景色が一番きれいです。

f:id:Jinichi:20190219053930j:plain

f:id:Jinichi:20190219053958j:plain

f:id:Jinichi:20190219054109j:plain

やっぱり海と坂ですね~。

しかし私はつくづく高い所が好きだなと思います。

でもきれいな景色を眺めると、日ごろの悩みなんてちっぽけな事だって再認識出来るんです。

気持ちをリセット出来るから、坂があれば登って行くんでしょうね!

決して上から目線が好きなわけではないです(笑)

f:id:Jinichi:20190219054704j:plain

ドックハウスから降りていくと「旧自由亭」があります。

日本で初めての西洋料理レストラン。

オランダ人が考案したダッチコーヒーがおすすめみたいです。

f:id:Jinichi:20190219055143j:plain

グラバー園の出口近くになると「長崎伝統芸能館」もあります。

この写真は「弓矢八幡祝い船」

派手で大きかったのでついついカメラのシャッター押しちゃいました。

f:id:Jinichi:20190219071209j:plain

帰りの下り坂ではお土産店が多く立ち並んでいます。

f:id:Jinichi:20190219055721j:plain

グラバー園の雰囲気にトトロも合ってますね♪

長崎は海と坂に囲まれた、九州の中でも西洋の香りを色濃く残す、素敵な街並みでした。

 

グラバー園

住所:長崎県長崎市南山手町8番1号

TEL:095-822-8223

営業時間:8:00~21:00(通常)

料金:大人610円、高校生300円、小・中学生180円

 

アクセス

マリンワールド 海の中道

マリンワールド海の中道で優雅に泳ぐ魚たちを撮りました!

今回は福岡市の東区にあるマリンワールド 海の中道を撮影して来ました。

2017年4月にリニューアルオープン。

テーマは「九州の海」

福岡の「玄界灘佐賀の「有明海鹿児島の「錦江湾など、九州を代表する約350種類・3万匹の生き物たちがいます。

f:id:Jinichi:20190216133603j:plain

交通機関は電車を利用しました。

JR博多駅から電車に乗って、まずは香椎駅へ(約15分)。

そこから乗換えで海の中道で下車(約25分)。

徒歩7分ほどでマリンワールドに到着します。

駅に降りてから、すぐ左手には「海の中道海浜公園」が。

マリンワールドに行く手前にはリゾートホテルの「ザ・ルイガンズ」があります。

この2つもいずれ撮影したいですね^ ^

 

周りにはコンビニにもありません。

東区の西戸崎は初めて来たんですけれども、想像以上に何もない場所でした。

私はお金をおろして来るのを忘れたので、再度2つ前の「奈多駅」まで戻るハメになりました(トホホ・・・)。

しかも海の中道駅からは1時間に2本くらいしか電車が出ていないので、皆さんお金はちゃんと持って行きましょう(当たり前ですね^ ^)

 

気を取り直してさあ中へ!

f:id:Jinichi:20190216134752j:plain

中に入るとまずは広場が。

リニューアルされた「滝と緑のセンターガーデン」

飲食店・売店、奥に行くとショーが見れる会場があります。

右手側の階段を登ると水槽で優雅に泳ぐ魚たちを楽しめます。 

f:id:Jinichi:20190216135052j:plain

・・・とその間にヒトデが出迎えてくれますね。 

 

f:id:Jinichi:20190216140647j:plain

先に進むとリニューアルのシンボル玄界灘水槽」が待っています。

壮大さを感じますね~。

f:id:Jinichi:20190216140853j:plain

ここは光が上から降りてくるので、劇画的と言うか、思った以上におごそかな写真を撮る事が出来ました。

 

f:id:Jinichi:20190216141042j:plain

 ブラックにライトアップされた通路。

この先がますます楽しくなってきます。

 

f:id:Jinichi:20190216143007j:plain

私が一番オススメするかわいい生き物。

スナメリミクちゃん

凄く人懐っこくて、素敵な笑顔を披露してくれます。

これには思わずニッコリ^ ^

スナメリとはクジラ類の中でも最も小型な種のようですね。

 

f:id:Jinichi:20190216144135j:plain

f:id:Jinichi:20190216144158j:plain

九州の外洋・外洋大水槽では、サメたちとバックにはイワシの群れが・・・

別名・イワシタイフーン

ず~っとこの状態でぐるぐるグルグル回ってます(笑)

 

f:id:Jinichi:20190216144426j:plain

こっちに向かってくるトビエイ

宇宙船みたい。

イワシが後ろにいると迫力あります。

 

f:id:Jinichi:20190216145244j:plain

じ~っと見つめてくるアオウミガメ。

 

f:id:Jinichi:20190216145609j:plain

f:id:Jinichi:20190216145635j:plain

f:id:Jinichi:20190216145708j:plain

スロ~な動きを見せる、カラフルなクラゲたち。

あくせく働く現代人に何かを伝えようとしてくれ・・・る?

 

f:id:Jinichi:20190216145932j:plain

f:id:Jinichi:20190216150058j:plain

気持ち良さそうに泳ぐ魚たち。

 

f:id:Jinichi:20190216150130j:plain

f:id:Jinichi:20190216150224j:plain

水槽の魚たちもかわいいですね。

カラフルながら目に優しくて、とても癒されます。

 

f:id:Jinichi:20190216150308j:plain

色とりどりの魚たちが水と緑の空間を作り出しています。

まとめ

水族館のいい所はゆったりした魚の動きを見ていると、忙しくあせりがちな自分の気持ちを落ち着かせてくれます。

私はやりたい事が多すぎて、行き急いじゃうんですね~。

でもそんなに焦ったってしょうがない。

たまに「座禅でも組んでみたら」って言われるんですが(笑)、水族館の魚たちを見るのも、心の健康にとてもいいです。

人間以外の生き物は話しませんが、でもその動きを見ると大切なメッセージをくれているようにも思うんです。

地道にひとつずつ、小さなイチを積み重ねて行きましょう。

美しい魚たちには心がとても癒されました!

 

マリンワールド 海の中道

住所:福岡市東区大字西戸崎18-28

TEL:092-603-0400

営業時間:12月~2月 10:00~17:00、3月~11月 9:30~17:30

     (ゴールデンウィーク・夏休み・クリスマスは特別時間)

料金:大人¥2,300、高校生¥2,300、中学生¥1,200、小学生¥1,000、幼児¥600

 

アクセス

Tジョイ博多で「コードギアス 復活のルルーシュ」を観て来ました!

Tジョイ博多で映画観ました

f:id:Jinichi:20190216040129j:plain

10年ぶりになる新作アニメコードギアス 復活のルルーシュを観て来ました。

2006年にコードギアス 反逆のルルーシュ、2008年に続編のコードギアス 反逆のルルーシュR2がTV放送されて以来です。

その間にも「亡国のアキト」や再編集した劇場版3部作はありましたが、今回のは完全オリジナルの続編ですね。

ファンの間ではTVで完全に完結した派もいるので、続編は蛇足と考える方もいたようですが、私は素直に嬉しかったです。

ブリタニアの皇子が妹を守るために仮面をかぶって祖国に反逆する物語。

当時学生で中二病的な部分を持ってたので、見事大ハマリしました!

しかし最初に放送されたのが10年以上も前とは・・・

時がたつのは早いですが、これだけ久しぶりに見ても色あせず、古臭さも全然感じません。

相変わらずキャラクターは良い味出してますし、ナイトメアもカッコいい。

ほんとこのアニメが凄かったのに満足して、以降10年間アニメを観る事がなくなった位の作品でした。

今回はレイトショーで24:00~26:00の部を観ました。

個人的にレイトショーは大好きです。

夜の雰囲気で映画館がいっそう非日常に感じますし、人も少なくて料金も安い。

¥1,300で観る事が出来ました。

f:id:Jinichi:20190216040446j:plain

今回はJR博多シティ博多駅の9階にあるTジョイ博多に行きました。

チケットは券売機で毎回購入します(現金・クレジットカード対応可)。

座席が自分でゆっくり選べるので便利です。

f:id:Jinichi:20190216040844j:plain

お楽しみの食べ物はポテト&ペプシのセット(¥600)で!

24時上映で10分前の23時50分に入場OK。

人は多すぎず少なすぎず、ゆっくりと観やすい環境でした。

f:id:Jinichi:20190216041354j:plain

Tジョイ博多はヨーロッパ風の落ち着いたデザイン。

映画が始まる前に通路を歩くだけでもワクワクして来ます。

f:id:Jinichi:20190216041610j:plain

貸し出しの無料ブランケットも置いてあり、この時期にも安心して観れます。

f:id:Jinichi:20190216041714j:plain

さあいよいよ劇場へ。(私が入ったのは1番シアターでしたが^ ^)

f:id:Jinichi:20190216041821j:plain

ネタバレなしの感想

 結論から言うとめちゃくちゃ面白かったです!

前回裏切りやら何かモヤモヤしたまま終わった部分も、きっちりおさめてきて気分良く観る事が出来ました。

あとコードギアスのと言えばテンポの良さですが、この映画も2時間にこれもでかってくらい詰め込んできてるので、退屈する場面がなかったですね。

今まであまり語られる事が少なかったように感じた「Cの世界」にもかなり深く突っ込み、またキャラクターそれぞれの語り合い・人同士の白兵戦・ナイトメアフレームでの戦闘。

各キャラクターが自分の個性を最大限に活かし、躍動する姿は観ていて楽しい。

それもメインの頭脳戦があってこそのコードギアスで、今回もそこをしっかり描いたからこそナイトメアもゴリゴリ動いてかっこいいんでしょう。

心配した結末もそうくるか~って感じで、凄くいいと思いました。

映画途中のセリフで「俺のキズ(過去)を否定するな」って言葉には個人的にくるものがありましたね。

どんな過去だろうと、それも含めて今の自分なのだと。

いや映画で観たらホントいいセリフでした。

私もたまに過去をやり直したいと考える事もありますが、でもその過去があってこそ、今こうしてブログを書く事を思い立ったりしてる訳で・・・

それがなかったら今でもぼ~っと、何も行動せずに生きてたんだろうなと思います。

でもこの映画を観ている途中で、なぜ10年以上も前あんなにはまっていたんだろうって、そりゃ面白いもん!って感想です。

でも物語はこの映画で完結したカタチになったので、満足したと同時に、それはそれで少し寂しい気持ちです。

コードギアス 復活のルルーシュは10年前の熱い気持ちを取り戻させてくれた、良作の映画でした。

 

Tジョイ博多

住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9階

TEL:092-413-5333

 

アクセス

雑談など

今日は雑談などしていきたいなと思います。

f:id:Jinichi:20190213053841j:plain

こんにちは。

山の上ホテルの記事もやっと一息ついたので、閑話休題として雑談をしたいと思います。

気がついたらブログ13件も書いてたんですね^ ^

まあまだ全然少ないんですが、初めてブログ書いたのが1月23日なので3週間くらいですか。

最初はほんと何を書いたらいいのかさっぱりで、最初の一記事を書くのに相当時間がかかった気がします。

最初の一歩を踏み出してからはふっ切れて、逆に毎日書いてやろうと思ったんですが、仕事終わりに書くとなるとなかなか気力が湧いて来ない。

またブログのデザインも試行錯誤でコロコロ変わっちゃってます。

どういったデザインが皆にとって読みやすいのか・・・

世の中知らないことであふれてます。色々ネット見ながら日々勉強中です。

 

ちなみになぜ雑談しようと思ったのか。

なんだかんだ初めての挑戦なので、記事を書くのもいっぱいいっぱいで、一気に突っ走って来た気がします(笑)

ここで一旦立ち止まって、私の事をもっと知って欲しいと思いました。

ただ撮った写真を公開して、ちょっと文をそえて終わり~だと、インスタグラムツイッターとやってる事がさして変わらないので、ブログをやる意味がないんですよね。

まあ簡単に言うとインスタやツイッターじゃ、もう満足出来ないんです。

どちらも写真の枚数や文字数に制限があり、また頻繁に投稿してもあまり良くないんですね(インスタは1日1投稿がベターな感じです)。

私はどこかの観光地に出かけると、一日で100~200枚撮る事があるので、せっかくたくさん写真を撮っても、その中の2・3枚くらいしかアップ出来ないからもったいない。

 ブログだと1,000字2000字は当たり前なので、こちらの方が合っているのかなと始めました(逆にインスタとかから一気に書かなくちゃいけない事が増えたので、まだ悪戦苦闘しておりますが・・・)

また人に自分の考えや、やった事を表現したいと思っても日常生活じゃ限られた人数にしか伝えられない。

ブログなら世界中の人に発信出来る。

これなら日々溜め込んでいる自分の気持ちも一気に出すことが出来て、ストレスの解消(笑)にもなります。

 

読書も好きです。

本は昔から好きでした。

20歳くらいの時に村上龍さんの小説をよく読んでいましたね。

69」や「限りなく透明に近いブルー」とか。

エッセイの「すべての男は消耗品である」が面白くてめっちゃ読んでました。

当時フリーターでお金を持ってなかったので、古本屋で見つけ、安く買えたら嬉しかったですね。

その後は一時期読まなくなったんですが、職場の先輩のすすめで28歳の時くらいに、東野圭吾さんの「手紙」や今話題の「マスカレードホテル」もその時に読みました。

東野圭吾さんは文章が良い感じに軽くて、凄く読みやすい!

ミステリー物が多いのも私の趣向に良くあってよく読ませてもらいました。

小説で一番好きなものは、朝井リョウさんの「桐島、部活やめるってよ」ですね。

朝井さんは学生書くの上手です。

タイトルとのギャップやどこの学校にもありそうな、いわゆるスクールカーストが、こう言うのあったなあと懐かしくなる?感じがしました。

 

今ハマッてるのは堀江貴文さんの本

社会人生活も10年目をむかえました。

その中で楽しい事もあれば、まあ理不尽な事も数え切れないくらいありました。

そんな時に出会ったのが堀江貴文さんの本ですね。

当時の堀江さんに対するイメージは近鉄バファローズ買収選挙活動証券取締法違反の容疑での逮捕と。

まあお騒がせな人だなあと思っていました。

その後復活はしましたが、それほどテレビとかには出てくる訳ではないので、また何か色々挑戦しているだろうと思っている程度でした。

でも書店でたまたま堀江さんの「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を買って読んだ時には、そう言ったイメージが吹き飛びました。

2015年鹿児島に転勤になって、会社や社会に対して憤りを感じていた自分に、自由になれるようなヒントを与えてくれたようで、もの凄いイノベーターに感じましたね。

 

今もカメラ撮影を楽しむと同時に、色々な本も読んでいます。

でもカメラをしていて思う事は撮っている時も楽しいんですが、一番楽しいのは写真を公開して皆に見てもらう事なんですよね。

読書もそうでインプットだけして、自分の中に溜め込んでいてもしょうがない。

いかにアウトプットして皆と共有し、楽しめるかって事が重要だと思います。

なのでこれからもジャンルにとらわれずに、自分がイイと感じたものは、どんどんアウトプットしていきます!